紅茶通販ミドリRガマゲ紅茶店は旬の紅茶専門店紅茶の入れ方

ティーバッグで美味しい紅茶を入れるコツ

手軽さが魅力のティーバッグ。
ティーバッグで美味しい紅茶を入れるには、まず美味しい紅茶のティーバッグを使う事。質の悪いティーバッグではいくら頑張っても美味しい紅茶は入れられません。
逆に美味しいティーバッグなら、手抜きで入れてもそこそこ美味しい紅茶が楽しめます。 でも出来れば丁寧に入れて、ティーバッグ紅茶の美味しさを最大限に引き出してください。
旬摘み紅茶のティーバッグ

コツ1
出来る限り100度に近い熱湯を用意します。
紅茶の香りは沸点に近い高温の湯で抽出する事によりひきだす事が出来ます。
できればコンロでぐらぐら沸かした湯を使うのが理想的ですが 電気ポットの湯を使う場合は、湯温設定ができる場合は湯温は最高温に設定して下さい。
再沸騰機能があるポットなら、それを利用して一時的に湯温を沸点近くに上げる事が出来ます。

コツ2
カップに熱湯を入れ、温めます。
カップが熱くなったら湯を捨て、そこにティーバッグを入れ、熱湯を注ぎます。

コツ3
抽出中は、カップに蓋をします。
小皿でも何でも良いので、カップに被せておきます。 蓋をする事で、抽出中に冷めにくくなり、また香りが揮発してしまうのも防ぎます。

コツ4
ちゃんと香味が出るまで抽出します。
よく、ジャポンとカップにティーバッグを入れ、揺すって色が出たら終わり、なんて方を見かけますが そうではなく、ちゃんと旨みが出るまで抽出して下さい。
ティーバッグによって適する抽出時間は異なりますが、通常は2分〜3分ぐらいです。 ミルクティーにする場合は5分ぐらい必要です。

コツ5
ティーバッグを取り出す時に搾らない事です。搾ると嫌な苦味が出ます。
抽出が終わったらティーバッグを軽く揺すり、 カップの中の水色が均一になったらティーバッグを引き上げ、軽く上下に振って湯を切ります。

コツ6
そのティーバッグで入れられる湯の量を守る事です。
一般的な1杯用ティーバッグなら、1個で入れられるのはティーカップ1杯の紅茶です。
ティーバッグ1個当たりの、茶葉の量が2.5gなら湯の量はティーカップ1杯(約160cc)、 大きめティーバッグ(5g入り)ならティーカップ2杯(320cc〜350cc)です。


美味しい紅茶をギフトとして贈りませんか。
紅茶好きの方へはもちろん、ご出産内祝いや結婚内祝い、結婚式のプチギフトなど 大切なご用途にも安心してご利用頂けるよう心を込めてお支度いたします。
紅茶専門店がお届けする 内祝いや引出物にお薦め紅茶ギフトや 美味しい紅茶のプチギフトをどうぞ

Copyright (C) 2006 Midori-R-Gamage Co.Ltd.